ブログ  ・・・ EVERY NOW and  THEN

2011年

7月

14日

いよいよ始まりました。

構想から長い月日が流れ、ついに始まりました。

人形町日本橋酒造プロジェクト。

深谷地域のみんなで創り上げていきます。

中央区の皆様よろしくおねがいします。

 

←田植え前日の代掻き作業(高橋さん)

0 コメント

2010年

12月

02日

きれいな季節となりました。

岡部駅南側の公園(希望が岡公園)にて、光の回廊プロジェクトオープニングセレモニーに行ってみました。埼玉工業大学、岡部商工会青年部、深谷市による合同プロジェクトです。

いよいよ寒くなった季節。空気も澄みきった中、イルミネーションの光はとてもきれいです。人工的ではありますが季節を感じる時期となりました。埼玉工業大学の学生が2年を費やして創り上げたプロジェクトだそうで、がんばってるなーと感心です。

そんな肌寒い中、イルミネーションの暖かな光の世界の中で、埼玉工業大学様が金大星謹醸の甘酒をふるまっていただきました。

うまかったなー。

それと最近よく会うベーグル職人も店頭販売されてました。また、な○じ君もよく会うなー。

岡部はみんなの活躍すごい。

 

もきれいな季節になりました。

 

2010年

11月

22日

ゆめ☆たまご 深谷市産業祭

11月20日~21日ついに深谷市産業祭IN「ゆめ☆たまご」産業ブースイベントが公開となった。

丸山酒造は、深谷銘醸会として参加しました。

内容は、いろいろいろいろ悩んだ末「きき水大会」を決行。

6種類の水を用意し、そのうちの1種をサンプルとして6種のどれかを当てるというマッチングテストです。水の種類は、市内水道水3種類と市内3社の酒造用水3種類を用意しました。

こどもから大人まで老若男女みんなが参加して楽しそうな時間でした。

 

意外と難しかったのかな?正解率は約10%というところ。

自信満々な方々のハズレタときの驚きとギャップ・・・みんな笑顔。

 

最終的に試飲カップの数を数えたら500弱でした。

すごく多くの方々が参加していただいたのだなと・・・利き水大会大成功か?

ちなみに「ゆめ☆たまご」参加事業者の方々には、利き水という内容とブースデザインそして私の仕事内容(椅子に座ってにこにこしてるだけ)がシンプル(手抜き)のように見えたにもかかわらず盛況だったので、なんとなくブーイングでした。

 

利き水は利き酒と違って子どもが参加できるところがとても良い企画だなと思います。

いつもの利き酒より面白いですな。

また、やってみよう。

2010年

11月

18日

和創だいにんぐ やおまん 彩の宴の巻

きびしい(楽しい)質問攻めに硬直す
きびしい(楽しい)質問攻めに硬直す

浦和駅前パルコ5Fの「和創だいにんぐ やおまん」彩の宴 に参会しました。それは、すばらしいひと時となりました。まず、お店の雰囲気と料理のクオリティーの高さに感心し、お客様の楽しい雰囲気に心がなごみ、日本刀(兼定、虎徹、正宗)のような鋭い切れ味の質問攻めにたじたじと・・・時の過ぎるのが早い、あっという間の宴でした。うーむ、それにしてもおいしそうな料理のオンパレード・・・私もお客様側にいたかった。

豆もやし職人の飯塚社長もご参会していただきました。(いちばん右側の紳士)

 

お料理の先生と
お料理の先生と
宴のプロデューサー様と
宴のプロデューサー様と

2010年

11月

05日

合格 !! さ~すがっ

先日、稲刈りされた「彩のかがやき」が検査に等級合格。と高橋さんから連絡があった。すごい。うれしい。・・・今年の埼玉産彩のかがやきは94.3%が3等級以下の規格外。すごく心配であったし不安だった。・・・いい酒つくるぞ~!

0 コメント

2010年

11月

04日

デビュー

11月3日 幻の豆もやし漬物2品デビューしました。道の駅おかべ・道の駅はなぞのの地元エリアと大宮高島屋での期間限定特別販売です。この日は午前中は仕事をして昼過ぎに家族といざ大宮へ。そこは漬物開発者マルツ食品社長の鶴田さんが店頭で販売しています。近くでお客様の話を聞いていると、「新聞記事をみて買いに来ましたよ、」「販売しているところは他にどこですか」「おいしい」という声が聞こえて、私も感無量。これきっといけるって感じ。

2 コメント
 HP管理者 蔵元杜氏
 HP管理者 蔵元杜氏

【米トレサービリティ法にともなう産地情報のお知らせ】

・弊社の日本酒製品の原料は、米(国産)、米こうじ(国産米)を使用しています。